スクラッチを使ったプログラミング例を解説(基礎編)

スクラッチでのプログラミング例(2)セリフを言う

スクラッチでキャラクターがセリフを言うプログラムを組む方法の解説です。
「スタート!」と言ってから走り始めて、端についたら「ゴール!」というプログラムです。

 

キャラクターがセリフを言うプログラミング

このプログラムで使用するスクリプト(命令)は下記のものです。
動き、見た目、制御、イベント、調べるにあるスクリプトを使います。

  • (旗)がクリックされたとき【イベント】
  • 10歩動かす【動き】
  • 「Hello!」と「2」秒言う【見た目】
  • 次のコスチュームにする【見た目】
  • ずっと【制御】
  • もし「  」なら【制御】
  • 「すべて」を止める【制御】
  • 「  」に触れた【調べる】

これを下記の図のように並べます。

スクリプトを組み立てる
スクラッチプログラミング例

 

自分でセリフを入力する

用意されているスクリプトの中には「スタートと2秒言う」というものはありません。あるのは「Hello!と2秒言う」です。

 

スクリプトの中にある背景が白い部分(「Hello!」と「2」)は自分で入力して好きな値に変更することができます。ここでは「スタート」にしていますが「出発」でもOKです。

 

「ゴール!」も同じように作成します。
これでセリフを言う部分のプログラミングはOKです。

 

制御スクリプト「もし…なら」

このプログラミングでもうひとつのポイントとなるのは、制御スクリプトの「もし…なら」というものです。これで端についたときに「ゴール!」というようになります。

 

これは「もし…なら」という制御スクリプトの空いている四角のところに別の制御スクリプト「…に触れた」を持ってきます。

 

「…に触れた」の「…」は選べるようになっているので、「端」を選びます。これでキャラクターが端に触れたときのプログラミングが出来るというわけです。

 

実行してみる

では、ステージのところにある「旗」をクリックして、プログラムを実行してみます。

【1】開始【2】終了
スクラッチプログラミング例スクラッチプログラミング例

キャラクターが「スタート!」と言って走り出して、端につくと「ゴール!」と言って終了します。

おすすめプログラミング教室