小学生にプログラミングを勉強させたい親のための情報サイト

小学生にプログラミングを勉強させたい親が知っておくべきこと

小学生にプログラミングを勉強させようかと考えている保護者のための情報サイトです。

 

小学生には早いのでは…と思うかもしれませんが、2020年度からは小学校の授業でプログラミングが必須化されます。また、前倒しで導入している小学校もあります。

 

まだ早い…と言っている段階ではなくなってきているのです。

 

プログラミング教育が目指しているもの

文部科学省ではプログラミング教育の目的を次のように記しています。

小学校段階において学習活動としてプログラミングに取り組むねらいは、プログラミング言語を覚えたり、プログラミングの技能を習得したりといったことではなく、論理的思考力を育むとともに、プログラムの働きやよさ、情報社会がコンピュータをはじめとする情報技術によって支えられていることなどに気付き、身近な問題の解決に主体的に取り組む態度やコンピュータ等を上手に活用してよりよい社会を築いていこうとする態度などを育むこと、さらに、教科等で学ぶ知識及び技能等をより確実に身に付けさせることにある。
(出所:文部科学省「プログラミングに取り組むねらい」)

いかにもお役所の文章という感じで長いですよね。
これでひとつの文です。

 

意味もわかったようなわからないような…。
まとめると下記のような内容です。

  • プログラムを組めるようになることが目的ではない
  • プログラムを組む体験により論理的思考力を育むことが目的
  • ITに対する理解を深め、上手にITを活用できる力をつける

 

プログラミング(プログラムを組むこと)はあくまでも手段、ツールで目的ではないというわけです。まだ、ピンとこない方は以下の記事に詳しく記載しています。

 

小学生がプログラミングを勉強することで何の役に立つのか?

(1)論理的思考力が身につく
プログラミング教育のメリットのひとつに論理的思考力が身につくことがあります。

 

「論理的思考力」というのがコンピューター用語のように聞こえてしまうかもしれませんが、日常生活を送るうえで基礎となる考え方です。

(2)IT技術への理解が深まる
IT技術に対する正しい理解を得ることができるというメリットもあります。

 

「コンピューターが出した答えだから間違ってるわけなない」と考えるのは危険です。
ITは決して万能ではありません。

(3)計画立案能力が向上する
さらに、計画立案能力の向上があります。
固い言い方になってますが、予定や計画を立てるときの精度が上がるというわけです。

 

これからの社会で必要なのは英語とIT

将来、どのような職業につくにしてもこれからは英語とITが必要だと言われています。

 

海外に行くのがあたり前になってきていますし、外国の方を相手に仕事をするのもあたり前。
となると、英語は必須になります。

 

また、あらゆるシーンでITの役割が増していくことも確実視されています。
ITを開発するだけでなく、ITを上手に使いこなすことも必要とされているのです。

 

プログラミングの勉強は、IT業界に進む人以外にもこの点で役に立ちます。ITを活用して、物事を解決するためにはプログラムの仕組みを知っていおくことが重要だからです。

 

ただ、親世代にはITが苦手な人も多いのではないでしょうか。
プログラミングなんて、もうまったく…となりますよね。

 

本サイトでは、そうした方向けにプログラミングについて解説しています。
お役にたてれば幸いです。ぜひ、参考にしてみてください。

 

(画面左側のメニューにあるカテゴリから記事を読むことができます。それぞれのカテゴリには複数の記事を掲載しています。)

 

参考記事:小学校での授業の実情

コンピューターを学ぶ意義

子どものうちからコンピューターを学ぶことには賛否両論あります。
「もっと他に勉強することがある」「これからはコンピューターぐらいあたり前」など。

 

ここでは子どものうちからコンピューターを学ぶことの意義であまり言われることがないものを紹介してみたいと思います。

 

続きはコチラ

調べ学習との違い

ITを使った授業というとインターネットを使って調べたことをまとめる「調べ学習」が広く行われています。小学校3、4年生から始めている学校もあると思います。

 

同じITを使うものでも、この調べ学習とプログラミング学習には大きな違いがあります。どんなところが違うのかについてまとめました。

 

続きはコチラ

おすすめプログラミング教室