小学生向けプログラミングの始め方

小学生向けプログラミングの始め方

小学生向けにプログラミングの始め方を解説しています。
プログラミングを始めてみたいと思ったらチェックしてみてください。

 

自宅で手軽にプログラミング体験ができるアルゴロジック

インターネットにつながるパソコンかタブレットがあれば自宅でも手軽にプログラミング体験ができるのがアルゴロジックです。その内容と使い方を紹介します。

 

同じようなものにスクラッチやプログラミンなどもありますが、アルゴロジックは画面がシンプルでプログラミング初心者向けなのが特徴となっています。

 

⇒ 続きはコチラ

 

小学生向けプログラミングのやり方

プログラミング教室などで行われている小中学生向けのプログラミングのやり方について解説しています。プログラミングって何?と思っている人は参考にしてみてください。

 

プログラミングというとキーボードを使って「英語」をかちゃかちゃか打つというイメージを持っている人もいるかもしれませんが、そんなことはありません。

 

⇒ 続きはコチラ

 

小学生向けプログラミング言語「スクラッチ」の特徴

子ども向けプログラミング教室などで使われているプログラミング言語のスクラッチについてその特徴をまとめました。プログラムをつくるために必要になるのがプログラミング言語です。

 

子ども向けのプログラミング言語は文字を書くというよりも、部品を組み合わせたり、絵をかいたりすることでプログラミング出来るようになっています。

 

その代表的なものがスクラッチです。

 

⇒ 続きはコチラ

 

小学生向けプログラミング言語「プログラミン」の特徴

文部科学省が子ども向けプログラミング言語として開発したのが「プログラミン」です。なんかネーミングがお役所っぽいですよね。

 

中身はビジュアルプログラミング言語と呼ばれるもので、子どもでもカンタンにプログラミングができるようになっています。文科省だからと言って堅苦しさはありません。

 

⇒ 続きはコチラ

 

小学生向けプログラミング言語「ビスケット」の特徴

子ども向けプログラミング言語はスクラッチなど海外生まれのものも多いのですが、日本人が開発した国産のプログラミング言語ビスケットです。

 

⇒ 続きはコチラ

 

スクラッチが難しいと感じた人向けのプログラミング学習ツール

小学生向けのプログラミング教室などでも使われることが多いスクラッチですが、難しくて出来ないと感じてしまう子も少なくありません。

 

スクラッチは初心者向けのツールではあるのですが、機能(できること)が多すぎて、プログラミング初心者にとっては混乱してしまうこともあるからです。

 

スクラッチがができなかったからと言ってプログラミングに向いていないというわけではありません。別のプログラミングソフト(コード・スタジオ)を使ってみることオススメします。

 

⇒ 続きはコチラ

おすすめプログラミング教室