子ども向けプログラミング言語スクラッチの特徴を解説

子ども向けプログラミング言語「スクラッチ」の特徴

子ども向けプログラミング教室などで使われているプログラミング言語のスクラッチについてその特徴をまとめました。プログラムをつくるために必要になるのがプログラミング言語です。

 

子ども向けのプログラミング言語は文字を書くというよりも、部品を組み合わせたり、絵をかいたりすることでプログラミング出来るようになっています。

 

その代表的なものがスクラッチです。

 

世界的に有名なスクラッチ

子ども向けのプログラミング言語として世界的に有名なのがスクラッチ(Scratch)です。マサチューセッツ工科大学で開発されたビジュアルプログラミング言語のひとつ。

 

世界中で使われているものですが日本語にも対応しています。
特徴は部品を組み合わせてプログラムを作ること。

 

キーボードを使って文字を入力しなくてもマウス操作だけでプログラミングができます。このためキーボード操作に慣れていない子どもでも使えるのがメリットです。

 

公式サイトは下記のような画面になっています。

 

スクラッチ公式サイト

スクラッチ公式サイト

 

「スクラッチ」で検索すると、宝くじが表示されてしまったり、プログラミング教室が表示されてしまい、公式サイトがなかなか表示されません。

 

スクラッチの公式サイトは https://scratch.mit.edu/ です。
たまに英語表記の部分もありますが、日本語のところだけでも内容はわかります。

 

以前のスクラッチはパソコンにインストールして利用していましたが、バージョン2.0以降はインターネット上で(IEなどのブラウザから)利用することができます。

 

なので、インターネットに接続できる環境があれば、すぐにでもプログラミングを始められるというわけです。プログラミングする画面(開発画面)は下記のようになっています。

 

スクラッチ開発画面

スクラッチ開発画面

 

左側の猫(あれはネコです)の絵のところがプログラムが動く画面。
その隣にプログラムの部品となるもの「10歩動かす」などがあります。

 

部品には「動き」「見た目」「イベント」などの種類ごとにわかれています。
この中から部品を選んで組み合わせることでプログラミングします。

 

一番右側に見えるのがプログラミングした結果。
このプログラムが左側の画面(ネコがいるところ)で動作するというわけです。

 

開発したプログラムをみんなに見てもらう

スクラッチで開発したプログラムはインターネットに公開して、世界中の人に見てもらうこともできます。これまでにもたくさんのプログラムが公開されています。

 

ほかの人がどんなプログラムを作っているのかを見ることもできます。
部品を組み合わせるだけといってもかなり複雑なプログラムもあります。

 

気になる人は公式サイトでチェックしてみてください。

おすすめプログラミング教室