初心者でも自宅で手軽にプログラミング体験ができるアルゴロジックの紹介

自宅で手軽にプログラミング体験ができるアルゴロジック

インターネットにつながるパソコンかタブレットがあれば自宅でも手軽にプログラミング体験ができるのがアルゴロジックです。その内容と使い方を紹介します。

 

同じようなものにスクラッチやプログラミンなどもありますが、アルゴロジックは画面がシンプルでプログラミング初心者向けなのが特徴となっています。

 

アルゴロジックの始め方

アルゴロジックはインターネットサイトから利用できます。
(ソフトをインストールする必要はありません)

 

下記のサイトにアクセスします。

JEITAアルゴリズム体験ゲーム「アルゴロジック」

 

https://home.jeita.or.jp/is/highschool/algo/

 

画面中央にある「アルゴロジック」⇒「ゲームスタート」をクリック

 

左側の「アルゴロジックJr初心者問題」をクリック

 

メニュー画面が表示

 

左上(まっすぐ移動)が一番カンタンで、右下(四つの円)に行くほど難しくなります。

 

アルゴロジックの使い方

メニュー画面で左上の「まっすぐ移動」をクリックすると下記のような画面が表示されます。

 

 

ロボットを動かして、赤い旗を取る

アルゴロジックの目的は画面の中にあるロボット(白い人の形をしたもの)を動かして、赤い旗を取ることです。赤い旗のマスに進めば、旗は取れます。

 

つまり、赤い旗のマスに行くためのプログラミングをするのが目的です。

 

プログラミングの方法は右側にある部品を「START」の下に並べるだけ。
ひとつひとつの部品がロボットへの命令になります。

 

例えば、「」は「まっすぐ進め」という命令です。
並べ終わって、「START」をクリックすると、ロボットが動き出します。

 

プログラミング例

 

上の例は最初の画面なのでカンタンですが、進んでいくと、だんだんと難しくなってきます。
最後のほうにある「小判」は下記のような画面です。

 

小判

 

右側にある部品だけで、赤い旗を全部取らなくてはなりません。
考えないと、解けない問題です。

 

ロボットの動作、部品の使い方はメニュー画面の左下にあります

ロボットを斜めに動かす方法や、方向転換のやり方、ループの使い方などをメニュー画面の右下に動画で解説があります。これだけ覚えれば、すべての問題を解くことができます。

 

 

アルゴロジックのメリット

アルゴロジックの良いところは「ロボットを動かして旗を取る」と目的が明確なところです。

 

プログラミングツールの使い方を教えて好きなものを作って良いと言われても、プログラミング初心者は何を作ったらよいか迷ってしまう(何ができるのかわからない)ものです。

 

アルゴロジックは目的が明確なので、迷うことがなくプログラミングに集中できます。
好きのものを作るのは、プログラミングに慣れた後のほうが効果的です。

 

まずはプログラミングに慣れるためのツールとして、アルゴロジックを使ってみることをオススメします。

おすすめプログラミング教室