小学生がプログラミングを勉強することで役立つことを解説

小学生がプログラミングを勉強することで役に立つことは?

小学生がプログラミングを勉強することで、何の役に立つのかを解説しています。将来、IT業界に進まない人でも小学生のうちからプログラミングを勉強しておくメリットがあります。

 

プログラミングの勉強が役に立つこと(1)論理的思考力が身につく

プログラミング教育のメリットのひとつに論理的思考力が身につくということがあります。

 

「論理的思考力」というのがコンピューター用語のように聞こえてしまうかもしれませんが、日常生活を送るうえで基礎となる考え方です。

 

続きはコチラ

 

プログラミングの勉強が役に立つこと(2)IT技術への理解が深まる

プログラミング教育のメリットにはIT技術に対する正しい理解を得ることができるという側面もあります。

 

「コンピューターが出した答えだから間違ってるわけなない」と考えるのは危険です。
ITは決して万能ではありません。

 

続きはコチラ

 

プログラミングの勉強が役に立つこと(3)計画立案能力が向上する

プログラミング教育のメリットのひとつに、計画立案能力の向上があります。
固い言い方になってますが、予定や計画を立てるときの精度が上がるということです。

 

続きはコチラ

 

女の子の習い事にプログラミングをオススメする理由

小学生でも習い事としてプログラミングを始める子が増えてきていますが、プログラミングは男の子向けというイメージを持っている人も多いのではないでしょうか。

 

小学生向きのプログラミング教室に通っている子の割合も男の子のほうが多いのですが、女の子の習い事としてプログラミングにはほかの習い事にはないメリットがあります。

 

⇒ 続きはコチラ

おすすめプログラミング教室