小学生向けのプログラミング教室の選び方のポイントを解説

小学生向けプログラミング教室の選び方

プログラミング教室を選ぶ際に参考となることをまとめました。

 

プログラマーを目指している人だけが教室に通っているわけではありません。
プログラミングを通して身につくことが勉強などに役立つというのが人気のヒミツです。

 

2020年から小学校で必須化

テレビ番組や雑誌などで取り上げられることが増えたこともあり、小学生や中学生を対象にしたプログラミング教室が人気になっています。この人気は一過性のものではありません。

 

というのも、プログラミング教育が小学校で必須化されることとなったからです。
時期は2020年から。

 

英語が教科になるのと同じタイミングで、プログラミングも小学校で勉強することになります。
2020年度からですが、すでに先行して実施している学校もあります。

 

となると、これからますます人気となることが予想されます。
一部の教室では予約が取れないところも出てきています。

 

ただ、そもそもプログラミング教室ではどんなことを学んでいるのでしょうか?
キーボードからコードと呼ばれる命令を入力しているわけではありません。

 

プログラミング教室で学べること

小中学生向けのプログラミング教室は必ずしも「コーディング(プログラムを組むこと)」が出来るようになることを目的としているのではありません。プログラムを組むことを通して身につくものを学ぶことが目的です。

 

具体的には下記のようなことです。

  • 論理的な考え方
  • 物事を分割して考える方法
  • 自分の考えをカタチにする力

 

実際に体験した人の感想で、こうしたことが身につくと評判なので人気になっているというわけです。プログラマーを目指している人が通っているわけではないのです。

 

また、プログラミングという活動を通して達成感を得られることも人気のヒミツ。

 

受験勉強で達成感が得られるのは合格したときだけですが、プログラミング教室では、プログラムが完成するたびに達成感が得られるというわけです。

 

達成感を得られることで、もっとガンバロウという気持ちにもなります。
より良いプログラムを組むために勉強にも身が入るという好循環にもなるようです。

 

教室を経営している企業による違いがある

プログラミング教室には、いくつかの種類があります。
大きく分けると経営母体(企業)による違いです。

  • IT企業系
  • 学習塾系
  • 公共機関系

 

主流となっているのはIT企業系の教室です。
最新の開発環境を揃え、講師も現役のエンジニアというところもあります。

 

ベンチャー的な企業が多く、運営体制など不十分なところもありますが、オモシロさという点では子どもたちに人気となっています。

 

これに対し、最近増えてきたのが学習塾系の教室。
学習塾を運営していていたところがプログラミング教室も行っているというものです。

 

ただ、講師の確保が不十分なのか内容面で(質的に)バラツキも見られます。

 

IT企業系、学習塾系以外では公共機関が行っているものもあります。
自治体や博物館、科学館などが行っている体験教室のようなものです。

 

お堅いイメージもありますが、料金面でリーズナブルなこともあり一定の人気があります。

 

ロボット作りを通してプログラミングを学ぶ教室も

ロボット工作をしながらプログラミングについても勉強できるという教室もあります。
全国で1100教室もあるほどの人気です。

 

こちらは体験教室も受け付けているので気になる方はチェックしてみてください。
「ロボット教室」体験授業受付中

 

次に読みたいオススメ記事

おすすめプログラミング教室